2009年06月16日

小島正憲氏の最新レポート

 ホームページの「小島正憲の凝視中国」に最新レポート『日本人(経営者)はビジネスモラルを守れ』を掲載しました。
 
 中国でのビジネスの「難しさ」がさまざまな場面で話題になり、語られます。

 しかし、あれこれの「うわさ話」が伝わるうちに「膨らむ」ケースや、一事をもって万事としてしまったり、実態が正しく反映されていなかったりというケースも少なくありません。

 小島氏は自分の足と目で確かめながら、中国でのビジネスシーンでの問題を、具体例で示しながら、問題提起しています。

 このレポートはあくまで「一例」にすぎないという見方もあるかもしれませんが、小島氏の豊富な中国ビジネス体験から発せられる警鐘に耳を傾けることは、意味のないことではないと感じます。

 またこのレポートから、メディアで伝えられる中国ビジネスの「話題」やニュースについて、鵜呑みにせず情報を吟味してみなければならないとも感じます。

 私たちの「読み解きの力」が問われるのだということと合わせて小島氏のレポートを興味深く読みました。

 ぜひ、一読を。
 以下のページです。
 
 http://www.shakaidotai.com/CCP036.html







posted by 木村知義 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時々日録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29835690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック